FinePix X100 ハイブリッドビューファインダー搭載

富士フイルム(株)は、1230万画素APS-Cサイズ CMOSセンサーと画像処理エンジン・EXRプロセッサーを搭載したデジタルカメラ「FinePix X100」を3月5日に発売すると発表しました。同製品最大の特徴は、世界初となるハイブリッドビューファインダーを搭載していることです。フジノン23mm F2レンズとAPS-CサイズのCMOSセンサーで一眼レフを凌ぐ高画質を実現!高価ですが魅力的ですね(^^)

撮影情報をデジタル表示する光学ファインダーと、144万ドット液晶パネルを使った電子ビューファインダーを自在に切り替えることができます。つまり被写体をクリアに見たい時は光学ファインダー、撮影後の画像イメージを見ながら撮影したい場合は電子ビューファインダーといったように、撮影状況に合わせて使い分けられます。ほかにも感度AUTO制御など独自の画質調整機能や、パワーコントロールシステムといった撮影機能などが用意されています。詳しくは下記で

発売は平成23年3月5日(土)、銀塩ユーザーにもアピールしてますね(^^)価格はオープンですが12〜13万円が予想されています。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中