裸眼3Dアーケードゲームの登場

2月18日(金)、19日(土)の2日間、千葉県の幕張メッセでアーケードゲームの展示見本市「AOU 2011 アミューズメント・エキスポ」が開催された。テーマは「新たなアミューズメントの創造」。セガ、KONAMI、バンダイナムコゲームス、タイトーなどをはじめ33社以上がブースを出展した。


セガは、ゲームセンターで大ヒットした「Let’s GO JUNGLE!」シリーズの最新作で、南国のリゾート地を舞台にした冒険アクションガンシューティングゲームとなっている。3D映像は、52インチの大型モニターに映し出されるので、これまでにない迫力ある3Dゲームを体験できる。


バンダイナムコゲームスは、3Dレースゲーム「マキシマムヒート」を出展。3Dバイザーを装着することで迫力のレーシングを体感できます。映像は、2D、3D、3DMAXを切り替え可能で、3DMAXではより立体的な映像が楽しめます。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中