市川海老蔵 主演 3D時代劇映画「一命」

市川海老蔵主演、三池崇史監督の3D時代劇映画「一命」が10月に公開されます。映画「一命」は、1958年に発表された滝口康彦「異聞浪人記」が原作です。
同作は、1962年に小林正樹監督、仲代達矢主演で「切腹」のタイトルで映画化され、1963年カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞するなど、国内外で高い評価を獲得した作品。


映画「一命」は、時代劇初となる3D作品。「ゼブラーマン」「十三人の刺客」などの三池崇史監督、市川海老蔵は、「切腹」で仲代達矢が演じた主役・津雲半四郎役です。

なお、謹慎していた市川海老蔵は、7月に新橋演舞場で行われる「七月大歌舞伎」で舞台復帰。出演料は、東日本大震災の義援金として全額寄付するということです。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中