SONY ダブル・フルハイビジョン3Dハンディカム HDR-TD10

SONYのフルHD解像度で3D撮影が可能な、話題の3Dハンディカム「HDR-TD10」が5月13日に発売されます。(震災のため4月発売を延期)
映画やゲームなど、3Dコンテンツが充実してきましたので、これからは3Dのパーソナルコンテンツを充実させて、テレビとともに3Dハンディカムで3Dの世界を拡げていきたい、そういう意気込みの商品です。


SONY・3Dハンディカム「HDR-TD10」は、ソニー広角29.8mm「Gレンズ」、裏面照射型COMSセンサー「Exmor R」、高速画像処理エンジン「BIONZ」を2個ずつ装備し、右眼用と左目用の映像をそれぞれフルHDで撮影します。
左右用のフルHD映像を非圧縮で伝送できる“フレームパッキング方式”を採用するため、フルHD解像度で3D撮影ができるというしくみです。5.1chサラウンドマイクロホン搭載で高音質で収録、撮影した映像のプレビューは、裸眼3D対応の3.5型液晶で、3Dの状態で視聴可能です。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中