韓国3D大作映画「第7鉱区」8月4日公開

韓国3D映画「第7鉱区」

今夏(8月4日)に公開を控えている3D映画『第7鉱区』。大作級の映画では初めて3D制作された同映画が、ヨーロッパ、中東地域、アフリカ、そしてアジアなど、全世界46カ国に先行して販売されました。
制作・配給を担当したCJ E&Mピクチャーズが26日に発表、ドイツと中東では韓国映画歴代最高額で販売されたようです。

大海原の真ん中に浮かぶ石油ボーリング船イクリプス号で起こる深海生命体と、人間の死闘を描いた3Dアクション大作。有名ハリウッド/パニック映画を真似ている部分もありますが、韓国映画は力強いですね(^^)

「第7鉱区」は、11月12日から日本全国で公開です。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中