テーブルに浮かび上がる立体映像 fVisiOn

立体映像と実物が混在 / NICT

メガネなしテーブル型3Dディスプレイ(fVisiOn)試作機を、NICT ユニバーサルコミュニケーション研究所が公開しました。(6/19)

初音ミクのライブ風に技術解説と再生結果をデモンストレーションしています。
デジタルサイネージで、彫刻や造形展示、ショービジネス、3Dゲームマシン分野に応用などが面白そうですね(^^)


fVisiOnにて実現する技術は、何もない平らなテーブル面上に高さのある立体映像を浮かび上がらせて再生でき、着座時のような周囲360°から見下ろすように観察する場面に特化したものであり、複数人が裸眼で自然に利用可能なインターフェースとなることを目指しています。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中