LGの3DTVに最優秀評価(コンシューマー・リポート)

CINEMA3D LW5700

米消費者雑誌のコンシューマー・リポート(電子版)は26日、現地で販売されている3D(三次元)テレビのうち、LG電子の製品に最優秀評価を下した。これにより、LG製品の米国での販売に弾みが付く見通しだ。一方で、ライバルのサムスン電子は最下位評価を受け、対応に追われている。

同誌はLG電子、サムスン電子、ソニー、シャープ、東芝、ビジオの6社が米国で販売している3Dテレビ13製品を比較し、LG電子の「シネマ3Dテレビ」(47インチ、モデル名47LW5600)を総合点76点で最優秀に選んだ。

同機種は3D効果、音質、多彩な機能などで高評価を得た。特に高画質映像、使いやすいリモコン、一目で分かる画面メニューなどが「優秀」ランクに評価された。

対照的にサムスン電子が3420ドル(約27万5000円)で販売する3Dテレビ(55インチ、モデル名UN55D8000)は評価点が57点で13機種中の最下位となった。このほか、普及モデル(46インチ、モデル名UN46D6400)は12位(58点)、昨年発売のモデル(46インチ、モデル名LN46C750)は9位(61点)といずれも振るわなかった。

3Dテレビの視聴方式で、サムスンは眼鏡に電子装置を組み込んだシャッター方式、LGはテレビに特殊フィルムを張り付けた偏光眼鏡方式をそれぞれ採用している。両社はそれぞれ自社技術の優位性を主張してきたが、コンシューマー・リポートの評価でLGは相対的優位に立った。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中