グラスレス3D dynabook(世界初 3Dと2Dを同時表示)

dynabook Qosmio T851/D8CR / 東芝

東芝は7月29日、3Dと2Dのコンテンツを同時にウインドウ表示できる15.6型ワイド液晶搭載のグラスレス3DノートPC「dynabook Qosmio T851/D8CR」の発売を開始しました。実売価格は22万円前後です。

Webカメラを使用した顔認識技術により、視聴者の位置をリアルタイムに把握するフェイストラッキング方式を採用、動いても常に3D映像を快適に視聴することができるようにしています。

世界初の3Dウインドウ(3Dと2Dを同時表示)を搭載。3D映像を見ながらメールやネットなども楽しめます。話題の3Dなどを見ながら、気になる情報はすぐにWebでもチェック可能です。

また、リアルタイム2D3D変換機能を使って、地デジやBS、110度CSデジタル放送など、いつも見ているテレビ番組を迫力の3D映像で楽しむことができます。映画など市販されているDVDタイトルや、ハードディスクに録画した番組、ホームビデオなども3D変換することができるので、3Dコンテンツが手元になくても、dynabookを購入したその日から、グラスレス3Dを楽しめます。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中