6万円を切る32型3Dテレビ、イオンが発売

株式会社ピクセラ

イオンは11日、3D映像対応の32型フルハイビジョン液晶テレビを、6万円を切る5万9800円で発売すると発表しました。

フルハイビジョン対応で、付属の外付けハードディスクに最大約30時間の録画(ダブルチューナー)が可能なほか、USB端子に別の市販の外付けハードディスクを接続できる。液晶のバックライトにLEDを採用するなど、消費電力量を抑えています。

偏光方式の3Dメガネは、画面が明るく、シャッター制御などの電源も必要ありません。軽いので装着のストレスも少なく、長時間使用しても疲労しにくい設計になっています。

3D対応のHDMI®端子を搭載しているので、Blu-ray3D方式の映像や3D立体視に対応したゲームソフトを楽しめます。(詳細は下記リンクへ)

イオン株式会社と株式会社ピクセラは、テレビの主要備品であるデジタルチューナーを製造するメーカーに委託生産するほか、物流コストを切り下げた。組み立てを中国の工場で行うことにより、円高によるコストダウン効果も見込む。家電量販店によると、同型の3Dテレビは10万円を超えるといいます。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中