グラスレス3Dと4K表示対応55型液晶TV – レグザ 55X3

東芝 REGZA 55X3

東芝は、専用メガネ不要の3Dに加え、フルHDの4倍画素で2D表示が可能な「レグザシリーズ」のフラッグシップモデル「55X3」をCEATEC JAPAN 2011に出展。2011年12月中旬より、世界に先駆けて発売される予定です。価格は90万円前後を想定しています。

55X3は、自然な3D視聴のために、顔検出カメラを新たに内蔵。これにより、テレビ前で視聴している人の顔の位置から適切な視域配置を決定し、調整することができます。

3D視聴時は、1,280×720画素の9視差映像であるのに対し、2D視聴時は、3,840×2,160の4倍画素でより緻密な映像を再現できます。

テレビ放送やブルーレイなど現状のフルHDの入力に関しても超解像技術を使って、より鮮明に色鮮やかに表現できるので、単純に今までのコンテンツを見るだけでも効果があります。

液晶パネルに新開発の4倍画素QFHDパネルを採用し、フルHD(1,920×1,080)の4倍の約829万(3,840×2,160)画素でより緻密な高精細映像を映し出します。さらに、240分割された直下型LEDバックライトをきめ細かに制御することで、深みのある陰影部と色鮮やかな光彩部の描写を実現しています。

専用メガネを用いることなく自然で見やすい3D映像の視聴を可能にするインテグラルイメージング(光線再生)方式を採用。2D映像や2視差の3D映像から当社独自の映像処理技術で9つの映像(9視差映像)をリアルタイムに生成し、液晶パネルからレンチキュラーシートを通して映し出すことで、大画面グラスレス3D映像が楽しめます。リモコンのボタンひとつで4倍画素QFHD解像度の2D映像表示に切り換えることも可能です。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中