スコセッシ監督初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』

ヒューゴの不思議な発明

世界20ヵ国でベストセラーになった本格ファンタジー!!、
舞台は1930年代のフランス。パリの駅を寝床にしている孤児のヒューゴ(エイサ・バターフィールド)にとって、亡くなった父親(ジュード・ロウ)がくれた”不思議なロボット”が唯一の遊び相手だった。だがそんなある日、彼の前に冒険心あふれる女の子イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)が現れたことで、新たなアドベンチャーが幕を開ける。

からくり人形には二人の運命をも変えていく秘密が隠されていたのだ。……からくり人形のぜんまいが動き始めるとき、眠っていた物語が動き出す!!

全米は、11月23日公開。日本の題名は「ヒューゴの不思議な発明」2012年3月9日公開です。


マーティン・スコセッシ監督は、アカデミー賞に何度もノミネートされても一度も受賞がない「無冠の名監督」であったのですが、6度目のノミネート2006年「ディパーテッド」により第79回アカデミー賞監督賞・作品賞を受賞しています。ファミリー映画と3D映画製作に初挑戦です。

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中