3D映画「バイオハザードV リトリビューション」

International Teaser Poster for Resident Evil: Retribution /

世界中で大ヒットを記録した人気シリーズ『バイオハザード』の最新作『バイオハザードⅤ:リトリビューション』が3Dで9月14日より公開となります! 監督は前作につづき、ポール・W・S・アンダーソン。そして、戦う美しきヒロイン、アリス役にミラ・ジョヴォヴィッチ。また中島美嘉さんがアンデッド役で再び登場の他、過去作のキャラクターたちが総出演し、パワーアップする本作への期待が高まっています。

ミラ本人が全世界のバイオファンの質問に答える”ファンイベント”が日本時間6/14(木)深夜24時に行われました。ミラはNYのリーガル・シネマに集まった大勢のファンと日本を筆頭にロシア、イタリア、スペイン、ブラジル、メキシコ、オーストラリア、韓国、台湾などWEB中継を結んだ全世界のバイオファンの前で、みんなの質問に答えました!

下のミラ画像をクリックすると、WEB中継を録画したビデオが観られますよ(^^)

Resident Evil Movie

ファンの大歓声と同時に笑顔のミラが登場。「”V”には何があるの?」と聞かれると「Vは信じられないほど、アメイジングなの!14台の発電機を持ち込んで15mにもなる光の廊下を作って撮影したシーンがあるんだけど、照明が焼ける程熱くて、私もアンデッドを演じてくれた日本人のスタントの人たちも大変だった。倒れた時は、熱くなった地面に皮膚をつけているのよ。他にもVのすごい所はグローバルな所。ここNYもだけど、全世界の街を破壊していくわ。」

 日本からの質問「Vで苦労したところは?」と聞かれると「スタントね!CGのシーンもあるし、私自身も多くのシーンを自分でスタントしたから。私のスタントをしてくれた人も、テイクを8回、9回も重ねていたから疲労困憊してた。でも、私はチャレンジが大好きだから、”次は何?どんなチャレンジなの?みんなが喜ぶかしら?”と考えて、毎回スタントを学んでいるの。そう、私はスタントができる女優なんです(笑)」

日本からの質問「Vで苦労したところは?」と聞かれると「スタントね!CGのシーンもあるし、私自身も多くのシーンを自分でスタントしたから。私のスタントをしてくれた人も、テイクを8回、9回も重ねていたから疲労困憊してた。でも、私はチャレンジが大好きだから、”次は何?どんなチャレンジなの?みんなが喜ぶかしら?”と考えて、毎回スタントを学んでいるの。そう、私はスタントができる女優なんです(笑)」

広告

投稿者:

lupichan

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something. This blog is a diary to write the real and virtual space trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中